料理士資格取得講座

第11回 健康のために肉を食べる!

こんにちは、管理栄養士とみさこです。

 

あなたはお肉やお魚を食べるように心がけていますか?

 

肉や魚、卵、大豆製品、乳製品はタンパク質の大事な供給源ですよね。

健康のため、またダイエットのため、筋力や免疫力向上にもどんどん取りたい栄養素。

 

なぜ、取らないといけないのか。

 

タンパク質はアミノ酸という物質がつながってできています。

体を構成するアミノ酸の種類は20種類なのですが、その中で体内では合成できないものが9種類あります。

合成できないので食事からとらないといけないということで【必須アミノ酸】と呼ばれます。

 

これらをバランスよく含んでいるのが肉、魚、卵、大豆製品、乳製品なんです。

 

とはいえ、それぞれ含まれているアミノ酸の種類や量は差があります。

一つのものに偏らないようにいろんなタンパク源を取りましょう。

 

例えば、

肉であれば部位を変える。

もも肉

むね肉

ヒレ肉

魚であれば種類を変える。

あじ

さんま

さば

たら

さけ

これだけでいろんなアミノ酸を取ることができます。

 

1日3食の中でバランスを整えることを意識して、たっぷりとタンパク質を補いましょう!

 

どのくらい食べればいいのかという話は、また次回^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です